​◆ 日本歌人クラブ賞歴代受賞者◆


         前年度刊行の歌集で、最も優れたものに贈られます。

         1955(昭和30)年創設の日本歌人クラブ推薦歌集がその前身です。 

回数 年度 受賞者 受賞歌集
 1 1974(昭和49) 田谷  鋭 『水晶の座』(白玉書房)
    吉田松四郎 『忘暦集』(短歌新聞社)
 2 1975(昭和50) 鐸  静枝

『流紋』(新星書房)

    岡山たづ子

『一直心』(新星書房)

 3 1976(昭和51)

阿部正路

『飛び立つ鳥の季節に』(冬樹社)

    三浦  武 『小名木川』(国民文学社)
 4 1977(昭和52) 小谷心太郎 『宝珠』(短歌新聞社)
 5 1978(昭和53) 鈴木英夫 『忍冬文』(柏葉書院)
 6 1979(昭和54) 該当なし  
 7 1980(昭和55) 植木正三 『草地』(草地短歌会)
    春日真木子 『火中蓮』(短歌新聞社)
 8 1981(昭和56) 岡部文夫 『晩冬』(短歌新聞社)
 9 1982(昭和57) 蒔田さくら子 『紺紙金泥』(短歌新聞社)
 10 1983(昭和58) 上田三四二 『遊行』(短歌新聞社)
    高嶋健一 『草の快楽』(不識書院)
 11 1984(昭和59) 鈴木康文 『米寿』(短歌新聞社)
    苔口萬寿子 『紅蓮華』(不識書院)
 12 1985(昭和60) 野村  清 『皐月号』(石川書房)
    君島夜詩 『生きの足跡』(不識書院)
 13 1986(昭和61) 山本かね子 『月夜見』(不識書院)
    来嶋靖生 『雷』(短歌新聞社)
 14 1987(昭和62) 野北和義 『山鶏』(不識書院)
    谷  邦夫 『野の風韻』(短歌新聞社)
 15 1988(昭和63) 須藤若江 『忍冬文』(短歌研究社)
    片山貞美 『鳶鳴けり』(不識書院)
 16 1989(平成元) 坂田信雄 『寒峭』(不識書院)
    伊藤雅子 『ほしづき草』(短歌公論社)
 17 1990(平成2) 三宅千代 『冬のかまきり』(短歌研究社)
    清水房雄 『絑間抄』(不識書院)
 18 1991(平成3) 倉地与年子 『素心蘭』(短歌新聞社)
    白石  昂 『冬山』(角川書店)
 19 1992(平成4) 星野丑三 『歳月』(香蘭短歌会)
    林  光雄 『無碍光』(短歌新聞社)
    只野幸雄 『黄楊の花』(短歌新聞社)
 20 1993(平成5) 御供平佶 『神流川』(短歌新聞社)
    中野照子 『秘色の天』(短歌新聞社)
 21 1994(平成6) 石川恭子 『木犀の秋』(花神社)
 22 1995(平成7) 橋本喜典 『無冠』(不識書院)
 23 1996(平成8) 高松秀明  『宙に風花』(短歌新聞社)
 24 1997(平成9) 石黒清介 『雪ふりいでぬ』(短歌新聞社)
 25 1998(平成10) 芝谷幸子 『山の祝灯』(短歌新聞社)
    山本寛太 『真菰』(短歌新聞社)
 26 1999(平成11) 土屋正夫 『鳴泉居』(ながらみ書房)
    玉井清弘 『清漣』(砂子屋書房)
 27 2000(平成12) 春日井  建 『白雨』(短歌研究社)、『友の書』(雁書館)
 28 2001(平成13) 岩田  正 『和韻』(短歌研究社)
 29 2002(平成14) 永田和宏 『荒神』(砂子屋書房)
 30 2003(平成15) 雨宮雅子 『昼顔の譜』(柊書房)
 31 2004(平成16) 三井  修 『風紋の島』(砂子屋書房)
    日高堯子 『樹雨』(北冬舎)
 32 2005(平成17) 大下一真 『足下』(不識書院)
 33 2006(平成18) 山名康郎 『冬の骨』(短歌新聞社)
    板宮清治 『杖』(短歌新聞社)
 34 2007(平成19) 大島史洋 『封印』(角川書店)
    波汐國芳 『マグマの歌』(短歌研究社)
 35 2008(平成20) 三井ゆき 『天蓋天涯』(角川書店)
    松坂  弘 『夕ぐれに涙を』(角川書店)
 36 2009(平成21) 安森敏隆 『百卒長』(青磁社)
 37 2010(平成22) 今野寿美 『かへり水』(角川書店)
    内田  弘 『街の音』(短歌新聞社)
 38 2011(平成23) 中根  誠 『境界(シュヴェレ)』(ながらみ書房)
 39 2012(平成24) 中地俊夫 『覚えてゐるか』(角川書店)
 40 2013(平成25) 佐波洋子 『時のむこうへ』(角川書店)
 41 2014(平成26) 佐伯裕子 『流れ』(短歌研究社)
 42 2015(平成27) 楠田立身 『白雁』(ながらみ書房)
 43 2016(平成28) 島田幸典 『駅程』(砂子屋書房)