◆日本歌人クラブ評論賞歴代受賞者◆

日本歌人クラブの創立55周年記念事業の一環として設立されました。

前年度に刊行された、短歌や歌人に対する評論書や研究書、いわゆる歌書から優れたものに送られます。


回数 年度 受賞者 受賞歌書
2003(平成15) 藤岡武雄 『書簡にみる斎藤茂吉』(短歌新聞社)
    秋山佐和子

『歌ひつくさばゆるされむかも―歌人三ヶ島葭子の生涯』

(TBSブリタニカ)

2004(平成16) 該当なし  
2005(平成17) 原田  清 『會津八一 人生と芸術』(砂子屋書房)
    松坂  弘 『定型の力と日本語表現』(雁書館)
2006(平成18) 三枝昻之 『昭和短歌の精神史』(本阿弥書店)
    青井  史 『与謝野鉄幹 鬼に食われた男』(深夜叢書社)
2007(平成19) 坂井修一 『斎藤茂吉から塚本邦雄へ』(五柳書院)
2008(平成20) 今西幹一 『佐藤佐太郎短歌の研究』(おうふう)
    山本  司 『初評伝 坪野哲久』(角川書店)
2009(平成21) 来嶋靖生 『大正歌壇史私稿』(ゆまに書房)
2010(平成22) 大辻隆弘 『アララギの脊梁』(青磁社)
9  2011(平成23) 松村正直 『短歌は記憶する』(六花書林)
    品田悦一 『斎藤茂吉』(ミネルヴァ書房)
10 2012(平成24) 渡  英子 『メロディアの笛 白秋とその時代』(ながらみ書房)
11 2013(平成25) 小野弘子 『父・矢代東村』(現代短歌社)
12 2014(平成26) 杜澤光一郎 『宮柊二・人と作品』(いりの舎)
13 2015(平成27) 永田和宏 『現代秀歌』(岩波書店)
14 2016(平成28) 中根  誠 『兵たりき―川口常孝の生涯』(KADOKAWA)
15 2017(平成29) 加古陽治

『一首のものがたり 短歌(うた)が生まれるとき』

(東京新聞出版局)