日本歌人クラブからのお知らせ


  日本歌人クラブ主催の大会や行事など、最新の情報を随時更新しています。   


高校新学習指導要領・大学入学共通テストについての声明

 

2019年5月10日

現代歌人協会  理事長 大島史洋

日本歌人クラブ  会長 三枝昻之

 

 

2022年度から施行される新「学習指導要領」と、2021年から実施される「大学入学共通テスト」は、高等学校「国語」の教育を大きく変えようとしています。

 

これらの改革は、以下に述べるように、短歌を含む現代文学を軽視したものと言われてもしかたのない内容となっています。

 

1. 新指導要領においては、主に1年生で履修することになっていた「国語総合」(標準で週に4時間)が「現代の国語」(2時間)、「言語文化」(2時間)に分かれます。指導要領解説においては、「現代の国語」では、話し合い、意見発表、資料やデータの読み方、など実用的な言葉について学ぶことがうたわれています。「言語文化」は主に文学を扱いますが、「読むこと」の授業の中で、古典は40~45単位時間かけて扱うのに対して、近代以降の文章は20単位時間程度扱うこと、という配分が決められています。文学を扱う時間が週に2時間の「言語文化」に限定されるだけでなく、さらにこの時間の中の限られた一部を使って、明治以後の文学を学習することになるのです。伝統を受け継ぎ、今まさに豊かな様相を呈している短歌が授業で取り上げられることは、ますます難しくなると想定されます。

 

2. 同じく新指導要領において、主に2年生、3年生で履修することになる選択科目でも、現代文学や古典を扱う科目は用意されていますが、3に述べる大学入試(国語では資料の読み取りなどが増える)に対応することを考え、実用的な言葉を扱う科目を選ぶ生徒が多数を占めると考えられます。

 

3. 「大学入学共通テスト」の試行調査における「国語」問題では、現代国語の問題として、著作権法や生徒会活動規約など実用文の論理的読解が大問として出題されていますが、これはノウハウ的な能力偏重の教育を促すことになると懸念されます。

 

4. 高校教育では、生徒たちが心の自由を保ち、創造力を養ってこれから社会人として生きる力を身につけることがたいせつであり、現代国語がその役割の大きな部分を担っています。文学だけの問題ではなく、近未来のこれからの社会において人々がよりよく生きるためには、現代の文学に向き合う時間のなかから、この「創造力」「生きる力」を培うことが重要です。

 

すでに、日本文藝家協会では、「高校・大学接続『国語』改革についての声明」を2019年1月24日に出して、この問題に取り組んでいくことを明言しています。現代歌人協会と日本歌人クラブでは、この国で最も伝統ある文芸である短歌というジャンルを今に担う独自の立場から、この問題に取り組んでいくことをここに表明いたします。

 

私たちは、古事記・日本書紀や万葉集以来の伝統の上に立って、新しい時代にふさわしい文学・文化を築き続けることを自分たちの役割と思っています。そのためには、短歌を含む近代文学・現代文学の基礎を高校時代に教育することが必須と考えます。

 

この問題は、歌人に限らず、また文芸家に限らず、広く日本語を使い、日本文化を土壌とする社会全体の問題、これからの社会を実り豊かなものにしたいと考える日本人全体の問題と考えます。ぜひ多くの方々に賛同していただき、いっしょに良い方向性を見いだしていきたいと切望いたします。

 

以上


2019年版 現代万葉集 作品募集要項

※締切を5月末日まで延長しております。

会員出ない方も参加できますので、ぜひご出詠下さい。


第40回全日本短歌大会 募集要項


第13回全日本学生・ジュニア短歌大会 募集要項


第20回現代短歌セミナー松本のご案内

※7月20日(土)開催の第20回現代短歌セミナー松本は、申込者多数のため会場をアルピコプラザホテルに変更いたしました。開催時間や登壇者に変更はありません。


日本歌人クラブ70周年記念行事

創立70周年記念シンポジウムin  盛岡

←  トークセッション

 

    啄木バスツアー  →


創立70周年記念シンポジウムin  松山


トークセッション

会場外観

会場風景



第10回     日本歌人クラブ大賞

第46回 日本歌人クラブ賞              決定のお知らせ

第25回 日本歌人クラブ新人賞

第17回 日本歌人クラブ評論賞

日本歌人クラブ大賞は創立六十余年となる本会の伝統と蓄積を反映し、地道に励み、斯道に貢献している歌人を顕彰するため設立したものです。日本歌人クラブ賞は、中堅・ベテランの歌集を対象にしています。1955(昭和30)年創設の「日本歌人クラブ推薦歌集」がその前身です。日本歌人クラブ新人賞は60歳未満の作者による第一歌集が対象です。日本歌人クラブ評論賞は、歌壇で唯一の、短歌の評論集および研究書を対象にした賞です。

 

本年度の各賞は、4月に開催されました選考会議において、第10回日本歌人クラブ大賞は来嶋靖生『評註柳田国男全短歌』(河出書房新社)ならびに過去の全業績、第46回日本歌人クラブ賞は本田一弘歌集『あらがね』(ながらみ書房)と春日いづみ歌集『塩の行進』、第25回日本歌人クラブ新人賞は木ノ下葉子歌集『陸離たる空』(港の人)、第17回日本歌人クラブ評論賞は谷岡亜紀『言葉の位相』(角川書店)にそれぞれ決定しました。 

 

各賞受賞者には、5月25日(土)に開催される令和元年度日本歌人クラブ定期総会の席上、正賞ならびに副賞として大賞には賞金30万円、それ以外の賞には賞金10万円が贈られます。 

 

受賞者のプロフィール等の詳細は、こちらをご覧下さい。


会報「風」の刊行回数変更のお知らせ

日本歌人クラブ会報「風」の発行日が、令和元年度より1月、4月、9月の年3回となりました。次号の204号は9月1日発行となります。

 

 


運営基金の御礼と募集


  願  い

 

 日本歌人クラブを諸事情で退会なさるときは、かならず事務局まで葉書にて

ご一報下さい。ご連絡がない場合は、年度会費をいただくことになります。

 

 年会費および『現代万葉集』などのご送金の際に、ATMやネットバンキングを

ご利用の際は、お手数ですが事前に事務局までお知らせ下さい。