日本歌人クラブからのお知らせ


日本歌人クラブ主催の大会や行事など、最新の情報を随時更新しています。


日本学術会議の新会員任命拒否に反対する声明

2020年10月26日

現代歌人協会  理事長 栗木京子 

日本歌人クラブ  会長 藤原龍一郎

 

 

 私たち現代歌人協会と日本歌人クラブは、菅義偉首相が、日本学術会議の6名の新会員の任命を拒否したことに、強く抗議します。

 

 日本学術会議の新会員は、「(選考委員会の)推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」(日本学術会議法)と定められており、「これは、学会あるいは学術集団から推薦に基づいて行われるので、政府が行うのは形式的任命にすぎません。」(第98回国会 参議院文教委員会 昭和58年5月12日)と、中曽根康弘内閣総理大臣(当時)も明言しています。

 

 今回、菅義偉内閣総理大臣が任命拒否したことについて、〈日本学術会議法の解釈変更を行ったものではない〉という主旨の答弁を、10月7日の衆議院内閣委員会で内閣府副大臣が行っていますが、これは明らかに非合理的な発言です。

 

 また、6名の新会員の任命を拒否した理由を、菅政権は明確にしていません。これは不誠実な態度です。

 

 このような、非合理かつ不誠実な政治の言葉が許されるならば、日本語ひいては国民相互の信頼性が大きく毀損されます。私たち、短歌という日本古来の言語芸術に関わる表現者は、こうした言葉を看過できません。物事の道理にそった言葉を尊重する政治を、私たちは切実に求めてきました。

 

 日本学術会議は、戦時中に、科学者や研究者が戦争を推進する国家に協力してしまったことへの反省に基づいて設立されました。そのため、「政府から独立して職務を行う『特別の機関』」と位置づけられています。これは、日本国憲法第23条で定められた「学問の自由」を基盤としています。今回の任命拒否は、学術会議の独立性、さらには「学問の自由」を脅かす政治的手段として見逃すことができません。

 

 短歌の世界でも、昭和15年(1940年)に大日本歌人協会が、国家に協力的でない会員がいると非難されて解散に追い込まれる事件がありました。今であれば、これは日本国憲法第21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」に抵触します。表現者にとって、この条文は、個々の自由な言語表現を保障するとともに、現代歌人協会や日本歌人クラブのような職能機能を含む短歌活動の自由を保障するものでもあります。

 

 くしくも今年は、大日本歌人協会の解散から、80年になります。私たちはこのような過去を忘れず、科学者や芸術家などの文化団体に対する政治の介入に、厳しく抗議しなければならないと考えます。

 

 今回の任命拒否をきっかけにして、政府に逆らう学者や研究者は排除すべきだ、という短絡的な言説も出てきました。ここから、政府に逆らう表現者(歌人を含む)は排除すべきだ、という風潮までは、わずかな距離しかありません。それは、日本ばかりでなく、世界の歴史を振り返れば明らかです。すなわち国の健全な学問や文化の発展を根本から瓦解させるものとなります。

 

 任命拒否を速やかに撤回し、今回の問題を分かり易い言葉で国民に説明してください。政治に対する健全な批判が自由闊達に行われる社会を実現することを、私たちは菅政権に要請します。

  

以上


 短歌の詐欺的勧誘にご注意下さい

「あなたの短歌をXXXXに掲載します。つきましては、掲載料としてXX万円お支払いください。」といった詐欺的な電話がかかってくることがありますが、これらはすべて、実質的な詐欺勧誘ですので、絶対に話にのらないで下さい。


第11回     日本歌人クラブ大賞

第47回 日本歌人クラブ賞              決定のお知らせ

第26回 日本歌人クラブ新人賞

第18回 日本歌人クラブ評論賞

 

 日本歌人クラブ大賞は創立六十余年となる本会の伝統と蓄積を反映し、地道に励み、斯道に貢献している歌人を顕彰するため設立したものです。日本歌人クラブ賞は、中堅・ベテランの歌集を対象にしています。1955(昭和30)年創設の「日本歌人クラブ推薦歌集」がその前身です。日本歌人クラブ新人賞は60歳未満の作者による第一歌集が対象です。日本歌人クラブ評論賞は、歌壇で唯一の、短歌の評論集および研究書を対象にした賞です。

 

 本年度の各賞は、4月に開催されました選考会議において、第47回日本歌人クラブ賞は久々湊盈子歌集『麻裳よし』(短歌研究社)、第26回日本歌人クラブ新人賞は門脇篤史歌集『微風域』(現代短歌社)にそれぞれ決定いたしました。なお、第11回日本歌人クラブ大賞と第18回日本歌人クラブ評論賞は該当作がありませんでした。 

 

 受賞者には正賞の賞状、ならびに副賞として賞金10万円が贈られます。授賞式は5月25日(土)の令和2年度日本歌人クラブ定期総会の席上で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただくことになりました。 

 

 受賞者のプロフィール等の詳細は、こちらをご覧下さい。


令和2年度日本歌人クラブ定期総会のご報告

 令和2年度の定期総会は5月23日(土)に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による議事承認となりました。承認事項は、

 

  第1号議案 2019年度決算報告、2019年度監査報告

  第2号議案 新年度の事業計画

  第3号議案 新年度予算案

  第4号議案 中央幹事・ブロック役員の承認

 

であり、すべて承認されました。

 その他、2019年度会務報告、新会員の紹介、川﨑勝信氏の名誉会員推戴、三枝昻之氏の名誉会長推戴に関して書面による報告がありました。総会における承認事項の詳細は日本歌人クラブ会報「風」207号に掲載いたします。

 

 みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。


令和2年から令和5年の日本歌人クラブ中央幹事について

 先に行われました日本歌人クラブ中央幹事改選で、藤原龍一郎(短歌人)、大西久美子(未来)、古谷智子(中部短歌)、桜井京子(香蘭)、鈴木英子(こえ)、森本 平(開耶、黒岩剛仁(心の花)、結城千賀子(表現)、今井恵子(まひる野)〔五十音順・敬称略・カッコ内は所属結社〕 の9名が中央幹事に選出されました。このうち、大西久美子、古谷智子桜井京子、森本 平、黒岩剛仁の5名が新任となります。

 

 後日、選挙で選出された中央幹事9名による互選を行いました結果、会長にはあらたに藤原龍一郎氏が選出され、三枝昻之氏は名誉会長に推戴されました。さらに、選挙選出中央幹事9名による協議の結果、生沼義朗(短歌人)、大森悦子(水甕)、上條雅通(笛)、佐田公子(覇王樹)、高山邦男(心の花)〔五十音順・敬称略・カッコ内は所属結社〕5名が推薦中央幹事に選出されました。なお5名全員が新任となります。

 

 よって、選挙選出幹事9名と推薦中央幹事5名を合わせた14名が今期の日本歌人クラブの中央幹事となり、書面により行われました令和2年度日本歌人クラブ定期総会で承認され、正式に就任いたしました。任期は3年間で、2023年5月開催予定の日本歌人クラブ定期総会までとなります。

 

また、秋山佐和子、春日いづみ、久保田登、小林幸子、三枝昻之、佐藤千代子、中川佐和子、長澤ちづ、三原由起子〔五十音順・敬称略〕の9氏が退任されました。在任時のご尽力に心より御礼を申し上げます。 


日本歌人クラブ次期(令和2~5年)

中央幹事改選に関する選挙管理委員会報告

 先に告知いたしました、次期(令和2~5年度)中央幹事の改選につきまして、令和2年3月11日午後5時をもって中央幹事立候補受付を締め切りました。

 

 定員9名のところ、藤原龍一郎(短歌人)、大西久美子(未来)、古谷智子(中部短歌)、桜井京子(香蘭)、鈴木英子(こえ)、森本 平(開耶、黒岩剛仁(心の花)、結城千賀子(表現)、今井恵子(まひる野)〔受付順・敬称略・カッコ内は所属結社〕9名からの立候補届けを受理しました。

 

 立候補者は定員と同数であり、選挙は行なわず全員が中央幹事に選出されることになりました。令和2年度の定期総会で承認を受け、正式に就任いたします。

 

 以上のとおり、報告いたします。

 

 

  令和2年3月11日        日本歌人クラブ選挙管理委員会 委員長  雁部貞夫


第41回全日本短歌大会

第14回全日本学生・ジュニア短歌大会

【中止のお知らせ】

  9月26日(土)に明治神宮参集殿で開催予定でした第41回全日本短歌大会と第14回全日本学生・ジュニア短歌大会の授賞式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止と決定いたしました。入賞者の方には後日、賞状と入選作品集をお送りいたします。 


第35回国民文化祭みやざき2020

第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会

みやざき神話のふるさと短歌大会作品募集

【延期のお知らせ】

 第35回国民文化祭みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会の「みやざき神話のふるさと短歌大会」は、来年に延期されることに決まりました。

 詳細は後日あらためてお知らせ申し上げます。

応募点数=1人2首までとし、自由題の未発表作品に限ります。

 

応募資格=一般の部のみとします。

 

参加費=1人につき1,000円(身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳 の写しを添付された方は無料)応募料は、

   振替口座  01710-0-151081  

   加入者名  第35回国民文化祭2020みやざき短歌大会実行委員会

へお振り込み下さい。いかなる場合も応募料は返却しませんのでご了承下さい。

 

応募書類=所定の応募用紙に必要事項を記入し、郵便振替払込受領証またはその写しを添え、郵送で  〒880-0932 宮崎市大坪西2丁目16-6-14 

みやざき神話のふるさと短歌大会事務局 二宮   信   までお送り下さい。また、必ず短歌大会への参加の有無を明記して下さい。封筒の表には「短歌作品」と朱書きして下さい。

応募用紙は宮崎県「国文祭・芸文祭みやざき2020」のホームページ からダウンロードできます。なお、身体障害者手帳等の写しを添付されて応募料が無料の方は、メールでのご応募も可能です。

 

締切=6月30日(火)

 

選者=秋山佐和子、伊藤一彦、大口玲子、栗木京子、黒岩剛仁、小島ゆかり、三枝昻之、笹  公人、志垣澄幸、中川佐和子、浜田康敬、林田恒浩、藤原龍一郎、 外前田  孝、結城千賀子、吉川宏志(五十音順、敬称略)

※審査結果を入選・入賞者に通知しますが、審査についての問い合わせ、異議等は受理いたしません。
 

(予定)=文部科学大臣賞/国民文化祭実行委員会会長賞/宮崎県知事賞/第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞/宮崎県議会議長賞/宮崎県 教育委員会教育長賞/宮崎市長賞/第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭宮崎市実行委員会会長賞/宮崎市議会議長賞/宮崎市教育委員会教育長賞/各選者賞
 
大会=令和2年11月22日(日)10時30分開会/15時30分閉会

  会場・宮崎市民プラザ オルブライトホール

 記念講演  小島ゆかり(現代歌人協会理事) 「歌の大河」

  入選・入賞作品発表、表彰、講評を行います。 

 

主 催/文化庁 厚生労働省 宮崎県 宮崎県教育委員会 宮崎市 宮崎市教育委員会 第35回国民文化祭宮崎県実行委員会 第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会 第35回国民文化祭 第20回全国障害者芸術・文化祭宮崎市実行委員会 日本歌人クラブ 現代歌人協会 宮崎県歌人協会


日本歌人クラブ創立70周年記念誌刊行シンポジウム

【中止のお知らせ】

3月29日(日)開催の日本歌人クラブ主催「創立70周年記念誌刊行シンポジウム」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を鑑みての、会場であります明治大学からの会場使用許可取消通達により、中止させていただくこととなりました。ご了承下さいますようお願い申し上げます。すでに申し込まれた方へのご返金につきましては、後日あらためてお知らせいたします。


高校新学習指導要領・大学入学共通テストについての声明

2019年5月10日

現代歌人協会  理事長 大島史洋

日本歌人クラブ  会長 三枝昻之

 

 

2022年度から施行される新「学習指導要領」と、2021年から実施される「大学入学共通テスト」は、高等学校「国語」の教育を大きく変えようとしています。

 

これらの改革は、以下に述べるように、短歌を含む現代文学を軽視したものと言われてもしかたのない内容となっています。

 

1. 新指導要領においては、主に1年生で履修することになっていた「国語総合」(標準で週に4時間)が「現代の国語」(2時間)、「言語文化」(2時間)に分かれます。指導要領解説においては、「現代の国語」では、話し合い、意見発表、資料やデータの読み方、など実用的な言葉について学ぶことがうたわれています。「言語文化」は主に文学を扱いますが、「読むこと」の授業の中で、古典は40~45単位時間かけて扱うのに対して、近代以降の文章は20単位時間程度扱うこと、という配分が決められています。文学を扱う時間が週に2時間の「言語文化」に限定されるだけでなく、さらにこの時間の中の限られた一部を使って、明治以後の文学を学習することになるのです。伝統を受け継ぎ、今まさに豊かな様相を呈している短歌が授業で取り上げられることは、ますます難しくなると想定されます。

 

2. 同じく新指導要領において、主に2年生、3年生で履修することになる選択科目でも、現代文学や古典を扱う科目は用意されていますが、3に述べる大学入試(国語では資料の読み取りなどが増える)に対応することを考え、実用的な言葉を扱う科目を選ぶ生徒が多数を占めると考えられます。

 

3. 「大学入学共通テスト」の試行調査における「国語」問題では、現代国語の問題として、著作権法や生徒会活動規約など実用文の論理的読解が大問として出題されていますが、これはノウハウ的な能力偏重の教育を促すことになると懸念されます。

 

4. 高校教育では、生徒たちが心の自由を保ち、創造力を養ってこれから社会人として生きる力を身につけることがたいせつであり、現代国語がその役割の大きな部分を担っています。文学だけの問題ではなく、近未来のこれからの社会において人々がよりよく生きるためには、現代の文学に向き合う時間のなかから、この「創造力」「生きる力」を培うことが重要です。

 

すでに、日本文藝家協会では、「高校・大学接続『国語』改革についての声明」を2019年1月24日に出して、この問題に取り組んでいくことを明言しています。現代歌人協会と日本歌人クラブでは、この国で最も伝統ある文芸である短歌というジャンルを今に担う独自の立場から、この問題に取り組んでいくことをここに表明いたします。

 

私たちは、古事記・日本書紀や万葉集以来の伝統の上に立って、新しい時代にふさわしい文学・文化を築き続けることを自分たちの役割と思っています。そのためには、短歌を含む近代文学・現代文学の基礎を高校時代に教育することが必須と考えます。

 

この問題は、歌人に限らず、また文芸家に限らず、広く日本語を使い、日本文化を土壌とする社会全体の問題、これからの社会を実り豊かなものにしたいと考える日本人全体の問題と考えます。ぜひ多くの方々に賛同していただき、いっしょに良い方向性を見いだしていきたいと切望いたします。

 

以上


日本歌人クラブ創立70周年記念誌のご案内

 


会報「風」の刊行回数変更のお知らせ

日本歌人クラブ会報「風」の発行日が、令和元年度より1月、4月、9月の年3回となりました。ご理解とご協力をお願い申し上げます。


会報「風」206号に関するお詫びとお知らせ


運営基金の御礼と募集


お知らせ

 

 新入会員の会費について下半期の10月以降入会の場合、2019年度より月割りとなりました。ご理解とご協力をお願い申し上げます。


  願  い

 

 日本歌人クラブを諸事情で退会なさるときは、かならず事務局まで葉書にてご一報下さい。ご連絡がない場合は、年度会費をいただくことになります。

 

 年会費および『現代万葉集』などのご送金の際に、ATMやネットバンキングをご利用の際は、お手数ですが事前に事務局までお知らせ下さい。